目次

ピルは医薬品ですので医師の処方を受けて手に入れるのが原則です。
自分の体に負担をかけない品質の確かなものであるかどうか、長く服用するなら値段的に問題がないかどうか、気になる症状がきちんと改善されるかどうかを慎重に見守ることが必要です。

避妊目的以外で利用される方はPMSや子宮内膜症、生理出血過多などの保険適用になりますが、効果がどのくらいでるか、いつでるのかについては個人差があります。
吐き気やめまいといった症状が起こることがありますし、医師にいつでも相談できる体制で薬を服用することが体のためにも安心安全のためにも大切です。
ピルは飲み続けなければならず、飲むのを辞めると症状が戻ってしまうという特徴がありますので、この点でも経過を医師にも見守ってもらうという信頼感が重要になります。

ピルの種類にはどんなものがある?

ピルは女性ホルモンの分泌に関わるものですから、2種類あります。
卵胞ホルモンのエストロゲンのためのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのプロゲステロンのためのノルエチステロン、デソゲストレル、レボノルゲストレル、ドロスピレノンです。

わかりやすいように生理の出血をいったん止める薬と生理が来るようにする薬という説明がされます。
卵巣ホルモンは1種類のみですが、黄体ホルモンは3種類あります。
含まれている黄体ホルモンの種類によって3つに世代分けされているのが特徴です。

ホルモン含有量による分類

ホルモンの含有量によって低中高と分けられていますが、高はほとんど利用されていません。
中は生理不順や生理のタイミングを調整するために体内のホルモン濃度を変化させるために利用されます。
低は含まれるホルモンの分量が高と比べて数分の1または数十分の1になっています。

製品名としてはエデュレン、ソフィアA、ソフィアC、ドオルトン、ノアルテンD、ルテジオン、ロ・リンデオールなどがあります。
超低用量ピルも製造販売されています。

黄体ホルモンの分類、世代

黄体ホルモンの分類は開発した世代ごとに分けられており、古い順から1、2、3となります。 ノルエチステロンが第1世代、レボノルゲストレルが第2世代、デソゲストレルやゲストデンが第3世代です。

第1世代
黄体ホルモンの分量が多く、アンドロゲン作用が少ないのでマイルドな効果が期待できます。
第2世代
黄体ホルモンの総量を抑えた低用量ピルで安心ですが、アンドロゲンと呼ばれる男性化症状がみられるという欠点もあります。
第3世代
アンドロゲン作用を抑制することに成功し支持されていますが、まだ使用が20年弱と短く実績の少なさが不安材料になっています。

また、ピルは血栓を引き起こす可能性も指摘されましたが、現在では問題はないとされています。

黄体ホルモンの配合量による分類

黄体ホルモンの分泌量、配合量による分類では1相性、2相性、3相性に分けられています。

1相性ピル
成分がみな同じなのが特徴で中高用ピル、超低用量ピルは1相性になります。
2相性ピル
ホルモン成分が2段階に変化します。 後半のホルモン分量が前半の2倍となり、ホルモン環境を滑らかにしているところが特徴です。
3相性ピル
ホルモン成分が3段階に変化します。 徐々にホルモン量を増やしていくという考え方ですが、薬の種類によってホルモン量の変化が変わってきます。 自然のホルモンサイクルに近いので安全ですが、避妊効果がなくなります。

海外では第1世代が人気ですが、日本では第3世代第1相性のマーベロンとそのジェネリックであるファボワール錠剤が人気です。
男性ホルモンの作用が少ないところに特徴があります。
保険適用薬としては第1世代第1相性のルナベル、超低用量ピルのヤーズ配合錠があります。
ルナベルは長期処方が可能で、ヤーズは生理痛、月経過多などの月経困難症として発売された日本初の保険適用超低用量ピルです。

ピルの避妊に対する効果

ピルは正しく使えば99パーセントの確率で避妊ができます。
生理を早めたり、遅らせたりすることができるので予定にあわせて利用することができます。
ピルは血中のホルモン濃度を調整する薬ですので毎日同じ時間に飲む必要があります。

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンは下垂体に作用して、卵胞刺激ホルモンと黄体刺激ホルモンの分泌を抑制します。
その結果排卵が起こらなくなり、妊娠できない状態になります。
また子宮内膜が厚くならないので着床しにくい状態にし、子宮頚管の粘膜に働きかけて精子の侵入を妨げるなどの働きもしてくれます。
避妊効果はコンドームが80パーセント程度であるのに対して、ピルは飲み忘れなどを除けば99パーセント近くの確率で避妊することができます。

ピルが利用しやすいのは飲まなければすぐに妊娠しやすい状態に戻れるというところです。
ピルの服用を中止して13週以内に妊娠した人は94パーセントと高い結果となっています。

アフターピルとは?

アフターピルのメカニズムは排卵前に飲めば排卵を遅らせることができ、排卵後に飲めば子宮内膜への着床をしづらくさせるというところにあります。
日本で使われているアフターピルには2種類あります。

避妊には一般的に低用量ピルが利用されていますが、アフターピルには中用量ピルを使ったり、低用量ピルを数倍摂取するなどの方法がとられています。
緊急避妊薬としてノルレボが利用されています。

もう1種類はヤッぺ法です。
中用量ピルのフラノバールを使った避妊方法で、性交後72時間以内に2錠摂取します。
その12時間後にまた2錠摂取します。

ノルレボの方が体に負担をかけず、失敗率も低いといわれています。
アフターピルを利用すると数日後、遅くても3週間以内に生理があります。
1カ月程度で避妊に成功したかどうかがわかります。

アフターピルはすでに妊娠している場合には効果がないので、事前に妊娠検査薬などで確認してから利用します。
他の薬と併用しても問題がないといわれていますが、医師に相談して多めに飲んだり、他の薬と併用したりしないように注意が必要です。
医師のアドバイスに従って適正なタイミングで飲むことで妊娠回避率を高めることができるようになります。

アフターピルは必ず妊娠しないという方法ではなく、あくまで緊急避難的な使い方ですので避妊は普段からきちんと行う習慣を身に着けておくことが必要となります。
強制的に生理を引き起こして妊娠を防ぐため、体のホルモンバランスを乱すことになります。

嘔吐や倦怠感、腹痛、頭痛などが起きる可能性も高く、イライラやむくみが起こることもありますが、数時間で治まり24時間以上継続することはほとんどありません。
特にプラノバール錠よりもノルレボ錠ではかなり体への負担を減らすことができます。
避妊に失敗して妊娠したとしても胎児には影響はありませんので安心です。

日本と海外のピル普及率が大きく異なる理由

相性の良いピルを見つけることが体に負担をかけないために必要となります。
海外ではホルモン配合比率からアフターピルやピルを選ぶことが常識となっていますが、日本では種類が少ないのでどれも同じものとして認識されてしまいがちです。
服用法を工夫することも海外では当然となっていますが、まだ利用が浅い日本では不正出血や頭痛、体重増加、生理痛などの服用によるトラブルに注目が行くことも珍しくありません。

ピルはヨーロッパでは40パーセント、アメリカでは18パーセント、日本では3パーセントの普及率であるといわれています。
正しく服用すれば99パーセントの確率で避妊をすることができます。
日本では海外と違って普及率がそもそも低いので、正しく理解されていないという点も指摘されています。

低用量ピルはヨーロッパでは避妊方法の主流ですが、日本では1999年まで低用量ピルが認可されていなかったという理由が普及率の低さの原因といわれています。
トラブルが怖い、妊娠しづらくなるといった誤解も普及率を引き上げない原因とされています。
コンドームはコンビニや薬局で購入できますが、ピルは婦人科でないと処方できないというハードルの高さも普及率を押し上げない原因です。

正しく使えば安全なピル

現在発売されている低用量ピルは避妊効果がでる限界までホルモン量を抑えています。
ピルの服用を辞めれば3か月以内に妊娠できる状態に体が戻ります。
ピルを上手に自主的に利用できるようになれば、女性ホルモンを自主的にコントロールすることができるようになりますので、女性のワークライフバランスを推進するNPOなどの団体では低用量ピルやアフターピルの利用を呼び掛けています。
中絶を避け、避妊、ピルといった望ましい妊娠をするために必要な知識を得るために情報冊子を作製したり、イベントを実施したりといった普及活動を推進しています。

月経困難症や生理過多、子宮内膜症などの場合には保険適用になりますが、一般的にピルが保険適用外であることも使用を避ける理由といえます。
低用量ピルは医師であれば処方できるのですが、実際には産婦人科の医師のみが処方しているという現実もあり、その診察の中でも希望者がいないのでほとんど処方していないという現状もあります。

自主的に近くの病院で処方実績のある婦人科を受診する必要があるという点もハードルを高くしています。
日本でも海外と同じく一定の条件を持った人はピルを飲んではいけないとされています。
服用を慎重にしなければならない人の場合、海外では責任は自分が持つという姿勢で臨みますが、日本では判断が難しく責任が持てないということが多いという視点もあります。

中用量ピルは保険適用になるため価格が安くなるのに対し、低用量ピルでは高額になります。
避妊目的で処方ができないというところもピルやアフターピルをうまく使いこなせない原因となっています。

ピルは保険が適用されない?

ピルは保険適用になるのが子宮内膜症と月経困難です。
低用量ピルを避妊目的で利用する場合には保険適用になりません。
コンドームが破れたり、避妊しないでセックスしてしまったときにはモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊用ピルで対処します。

あくまで緊急用で確実で安全性の高い避妊を目的にするならピルがおすすめです。
生理痛の軽減、月経過多の改善、肌荒れの改善にも効果があります。
旅行などのスケジュールに合わせて意図的に時期をずらすこともできます。
保険適用になるピルは医師による処方が必要となりますので初診料や再診料がかかりますが、1か月分2000円程度です。

120日間連続投与が可能な低用量ピルのヤーズフレックス、ルナベルのジェネリックであるフリエルLD、ファボワール錠28、ヤーズ、サンデースタートピルのシンフェーズなどがあります。

保険適用では3シートまで、自費診療なら6シートまでと購入数を限定していたり、5000円以上ならクレジットカード決済ができるなどのクリニックもあります。

月経困難症の場合には保険適用となりますが、クリニックによってはピルが数種類用意されています。
ホルモンのエストロゲン分量で比較するとヤーズよりもルナベルULDのほうが大きく、ルナベルLDはヤーズより大きいなどと差があり、人によって効果が異なりますので医師と相談することが大切になります。
マーベロンは2500円、マーベロンのジェネリックは2000円と保険適用の薬に関してはほぼ3000円以下でメーカーが違ってもほぼ同額になります。

緊急避妊に関してはヤッぺ法が3000円、ノルレボが1万3千円程度と価格差があります。
ヤッぺ法は安いけれどトラブルが出る可能性があります。
ノルレボは高額ですが、トラブルが出る可能性が低いという特徴があります。

クリニック選びも大切

クリニックによっては再診料や指導料などがかからない場合もありますので保険が適用されないからと言ってあきらめるのではなく、クリニックの処方実績を調べてドクターと相談することが大切です。
自由診療の場合にはクリニックによって薬の値段設定が自由になります。
1シート28日分あたり薬代と診察代で3000円が目安となります。
避妊目的で利用する場合には年間で4万円程度の費用がかかりますから、費用については良く調べておくことが必要です。

初診の場合には血液検査のデータがあれば持参すると検査費用の削減につながることがありますから、定期検診の結果などを取っておくことも大切です。
低用量ピルと超低用量ピルとでは値段が1錠200円から350円程度と幅がありますが、ジェネリックが安いことを除けばそれほど差がないのが現実です。
生理日をずらす場合も自由診療になります。
ずらす日数が長ければ長いほど高額になります。