2017.12.18更新

生理痛を和らげる方法

生理痛を和らげるためにピルを服用する人がいますが、それ以外にも、性病を防ぐ事ができるという理由でピルを服用する人がいます。
ですが、ピルに性病を防ぐ効果はありません。
避妊効果があるからという理由で、併せて性病も防ぐ事ができると勘違いしている人が沢山いますので、注意が必要です。

性病を防ぐのであれば、効果的なのはコンドームを使用する事です。
そのため、ピルを飲んでいるからといって、コンドームを付けないままセックスをするのはやめましょう。
自分自身が性病ではないからと言いましても、相手は解りません。

ピルを服用するのであれば、正しい知識を持っていないといけません。
何となく避妊効果がある、生理痛を和らげる事ができるだけではなく、毎日服用するものなのですから、服用する事でどんな効果があるのか、どんな副作用があるのかというのを、きちんと知っておきましょう。

ピルは肌症状を改善したり、生理前に起こるイライラを静める効果があるほか、月経困難症や月経不順による生理痛を緩和する効果、その不安を払拭してくれる効果が期待できます。
もちろんピルを服用するだけではなく、生理痛を和らげるために、食事の改善を行い、冷えを解消したり、ストレッチなどを行って、適度な運動を行う事も大切になります。

体の血行を良くして、日頃から冷えの対策を行う事で、生理痛を和らげる事ができますので、辛すぎる生理痛に毎回悩んでいる人は、薬やピルにだけ頼るのではなく、まずは自分の生活習慣の見直しをする所から初めてみましょう。

また、食事の改善の点では、青魚も効果があります。
青魚に含まれる油が血流改善につながり、血行を良くしてくれます。
それ以外にも、ハーブティーを寝る前に飲む事で、身体を温める事が出来ますので、是非試してみて下さい。
生理痛を和らげるためにピルを服用するのは良いですが、それ以外にも、普段の食生活や生活習慣を見直せば、十分に和らげる事ができるという事を知っておきましょう。

生理痛緩和の方法について

生理痛の緩和方法について、詳細情報はこちらでも詳しく掲載されているので参考にして下さい。
薬を使った生理痛の緩和方法

生理痛を改善するには体の血行を良くする

生理痛の改善には、身体を温めることが一番です。
そのため、全身の血行を良くするために、身体を冷やす食べ物ではなく、身体を温める食べ物を積極的に摂るように心掛けましょう。

まず、アーモンドは、下半身の血流を良くして、女性ホルモンの乱れを抑制する効果がありますので、大変おすすめです。
また、アーモンドは活性酸素を抑えるビタミンEが豊富に含まれていますので、積極的に摂取したい食べ物です。

そして、ショウガは身体を温める食品として有名ですよね。
色んな料理に使う事が出来ますし、そのままショウガをお湯に入れて飲む、ジンジャー湯もおすすめです。
お湯だけですと、味がしなくて飲みにくいといった場合には、はちみつを入れると良いでしょう。
また、ハーブティーも生理痛の緩和に効果が期待出来る飲み物です。
自分の好きな香りを探して、寝る前のリラックスタイムを楽しむのも良いでしょう。

また、どうしても痛みが激しい時には、カイロを使って、お腹の冷えを改善するという方法もおすすめです。
カイロを貼る箇所は、腰でもお腹でもどちらでも構いません。
自分が心地よいと感じるほうに貼って下さい。
お腹ならおへその下あたり、腰であれば、仙骨あたりがおすすめです。

そして、身体を温めるには、適度な運動を行う事をおすすめします。
お風呂上りに軽くストレッチをするだけでも、血流改善に役立てる事ができますので、大変おすすめです。
また、身体を温める食べ物ばかりを偏って食べるのではなく、大切なのは栄養のバランスを考えることです。
外食ばかりの人は、ビタミンやミネラルをきちんと摂取できるように、普段から色んな食材を摂取するように心掛けましょう。
そうすれば、自然と生理痛も改善する事が出来るでしょう。