2017.11.02更新

低用量ピルのトリキュラーについて

低用量ピルの中でもとりわけ有名なのがトリキュラーです。
トリキュラーは女性が体の中で分泌する卵胞ホルモンと黄体ホルモン、二つの女性ホルモンの働きを生かしてそのサポートをしていきます。

そもそも、女性の身体は毎月のように排卵と生理を繰り返していきます。
排卵日の前には先に挙げた卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜を厚くして排卵を促していくことになります。
そして、排卵が行われた後には黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。
身体の中に栄養分や水分をため込もうとする動きが強まり、より妊娠しやすい体を作っていくわけです。
この排卵後のタイミングで急に食欲がでてくるのはこうした女性ホルモンのバランスが関係しています。

低用量ピルのトリキュラーに含まれるレボノルゲストレルはこの黄体ホルモンに似た作用があります。
つまりトリキュラーを服用することで栄養分や水分を取り入れやすくなっていくわけです。
よく、トリキュラーを服用すると太ってしまうのではと思われる人もいますが、それは間違いです。
黄体ホルモン、つまりレボノルゲストレルの影響で食欲が増し、それを我慢できない事で太ってしまうわけです。
決してトリキュラーの影響で太るわけではないという点だけはしっかり押せておきましょう。

トリキュラーに含まれるエチニルエストラジオールという成分は、卵胞ホルモンの濃度を下げる効果があります。
つまり、先に挙げたレボノルゲストレルと一緒にエチニルエストラジオールを取り入れることによって、黄体ホルモンの効果を最大限に引き出すことができるということです。

トリキュラーを服用すると乱れていたホルモンバランスを一定に保つことが出来ます。
ホルモンバランスが安定することで何が良いのかといえば、それは吹き出物など肌トラブルがなくなったり、あるいは体調不良が少なくなったりと、体全体の調子が良くなっていきます。
トリキュラーは美容と健康のためにも役立てていくことができるということです。

トリキュラーの詳しい情報は下記サイトでも紹介されています。
トリキュラーの効果効能について

トリキュラーはピルの中でもお手頃で人気

低用量ピルのトリキュラーは日本人の体質によりあった薬とされています。
海外で主流となっている中用量ピルや高用量ピルは含まれる成分の量自体が多いので、日本人の体質には不向きなこともあります。
実際、中用量ピルと高用量ピルを服用するとむくみの症状がでやすく、それによって極端な体重増加が懸念されます。
すべての人にこうした症状があらわれるというわけではないものの、低用量ピルの安全性を見ればこれは活用するに越したことはありません。

トリキュラーは値段自体がお手頃で、購入時の負担が少ないのが特徴です。
そもそも、日本でトリキュラーをはじめとするピルを購入するには病院を受診する必要があります。
その際には診察料や初診料、再診料などプラスαの費用が掛かることになるため薬にかかる負担がネックになるわけです。

その点、トリキュラーであれば通販サイトを使うことでお手頃な値段で薬を入手することが出来ます。
もちろん、通販サイトでトリキュラーを購入するとなれば、それは海外でつくられた薬となります。
日本の場合、トリキュラーなどの低用量ピルは医師の処方がないと購入することはできません。
個人で購入するには海外で販売されているピルを輸入して入手するしか方法がないわけです。

海外で販売されているピルとなれば不安を感じる人もいるでしょうが、実際は日本で用いられている薬と成分に違いはありません。
効果も同じなので、日本で使われている低用量ピルと同じように取り入れていくことができるわけです。
効果は同じなのに値段がお手頃で良心的となれば、これほどうれしいことはありません。
低用量ピルは継続して飲み続けることになるため、トータルコストをできるだけ抑えていきたいという人にもうってつけです。